投稿日:

ビジネスローンは即日融資が難しい

ビジネスローンのサービスは貸金業者や、銀行などといった金融機関が提供しているのですが、担保を設定しない個人向けの融資であるカードローンより審査が厳しくなっているのが一般的です。銀行が事業融資を行うよりは、審査にかかる時間も短いですし、必要となる書類の数は少ないですが、申し込んで即日で融資を受けることできるという性質のサービスではありません。一般的には必要となる書類がビジネスローンのサービスを提供する金融機関に届いてから、およそ二日から三日ぐらいの審査をする期間が必要になります。申し込むのが法人という形であれば審査の手続きを進めるために決算書を提出する必要があり、個人事業主という形で申し込むのであれば確定申告書などを提出する必要があります。

いずれにしても、申し込んだ人の本人であることを証明する自動車運転免許証などの書類を提出することも必要になります。審査が事業融資よりも短いとはいっても即日で審査結果が出るということは、ほとんどないため注意する必要があります。法人という形で申し込む場合は決算書だけでなく、登記簿謄本を提出することも請求されることが少なくありません。提出する書類の対象となる期間としては、直近の一期分で問題がない金融機関と、直近の二期分の書類を提出する必要がある金融機関があります。状況に応じて、決算書などの書類とは別に資金計画書や、事業計画書などといった書類を提出することが請求されることもあります。信用や、返済能力が低いと見なされた法人や、個人事業主ほど必要となる書類は増えていくことになります。事業をこれから始めるという人はまだ事業を開始していないので確定申告書や、決算書を発行できないため、これらのビジネスローンを基本的には利用することができないということになります。新たに始める事業で必要になる資金を融資してもらいたいときには、銀行などから事業融資をしてもらうのが良い方法の一つになります。