投稿日:

ビジネスローンの金利について考えましょう

ビジネス、すなわち事業を行う場合、最も悩むのは資金繰りです。これは、実際に事業をしてみないと分からない部分があります。例えば、資本金で賄いきれない開業費などは資金調達が必要です。一般的には金融機関からの融資ということになります。しかし借入金は返済しなければなりません。つまり、収入が無くても、資金に余裕が無くても、月々返済する金額が決まってしまいます。これが、まず資金繰りとして事業者を悩ませる問題です。次に、事業の流れは、出費が先行します。小売業であれば、在庫がなければ売り上げになりません。在庫とは仕入れのストックです。ですから、売り上げの入金より仕入れの出金が先行するのです。当然、仕入れした時から売り上げの時まで資金繰りは難しいことになります。製造業だと、さらに資金繰りが厳しくなります。材料を仕入れ、人件費や外注費を使って製品を製造し、売り上げるわけです。建築業などにように製造期間が長ければ長いほど、資金繰りに苦慮します。

金融機関からの融資は保証人、担保など手続きが煩雑なうえ、新規事業には積極的ではありません。こうしたとき民間のビジネスローンの需要が発生するのです。ビジネスローンとは、一般的にノンバンクと言われ、中小企業や個人事業向けのローンと言って良いでしょう。クレジットカードを扱う会社や消費者ローンを扱う会社が運営する場合が多いです。ビジネスローンのメリットは、対応が早いこと、審査に通りやすいこと、担保が不要な場合が多いことなどが挙げられます。一方、デメリットとしては、金融機関などに比べ金利が高いこと、金融機関などに比べ借入限度額が少額であることなどが挙げられます。また、稀に、いわゆる悪徳業者がいることもありますから、行政からの情報等を集めたうえで注意することが必要です。実際には、よく条件を聞いておくことが必要です。物的な担保は必要ない場合にどこまでの保証人が必要なのか、金利を払いきれるのかなどです。また、必要とする金額と借入限度額に開きがある場合にどんな手当をするかなどです。